ホーム > 点検内容

点検内容

各種点検は、遊具診断の「遊具安全基準」を基にお客様のご希望により劣化診断、基準診断、超音波肉厚測定等を使用した精密診断を行います。錆びの状態、ロープなどの摩耗状況、超音波肉厚測定器等を使用した入念なチェックを行い、点検結果に基づき、遊具やフェンス・ベンチなどの機能部品における総合評価を行います。お客様には、点検後遊具等の状態が分かりやすく示せる写真付きの報告書を提出しています。

 

幼稚園や学校遊具の劣化診断

劣化診断は、施設や遊具の管理状態などを、点検技術者が製造者や施工者の提出した点検表等を元に点検箇所や点検方法を良く理解した上で診断を行い、異常箇所・経年変化の記録を残して置くことが望ましいとされています。毎月一度からの遊具診断の劣化診断は、遊具の異常を早期に発見できることから、遊具の維持管理において非常に有効な点検です。

 

 

公園遊具等の定期点検

基準診断は、主に遊具の劣化診断と安全基準を適合させる基準診断を中心に行います。古い遊具の構造上の欠陥等を的確に当社点検技術者が指摘し、異常が発見された場合には、さらに正確な状況を把握するために精密点検を行い、必要に応じ異常箇所の補修などを行います。

 

 

遊具の精密点検

精密点検は、遊具外観からは察知しにくい、遊具内部の状態を超音波肉厚測定器を使用して調べます。このことにより、鉄製等の遊具支柱や金属疲労などを的確なデータを波形と共に数値化し、遊具金属部分の耐用限度を調べることが可能です。

目視では察知できない遊具の異常箇所を、遊具診断は見逃しません。

点検は国外プラント施設等で需要度の高いGE社製のDMS2及びDM4を使用しており、遊具塗装状況なども調べることが可能となっています。

 

超音波厚さ測定器 (非破壊検査器)
DMS2・DM4を用いた精密点検
   ←

点検内容無料お見積り

遊具診断点検サービス一覧