ホーム > 点検内容

超音波厚さ計DMS4による遊具の精密点検

 

遊具主要部材の一部に異常が見られた場合、より正確な診断を行うために、精密点検を行うことになります。

ブランコの支柱に対し、鋼管の肉厚を図る為、今回はGE社製超音波厚さ計DM4を使用しました。手順は、はじめに打診ハンマーで触診を行い、その後支柱の肉厚を図ることになります。

 

精密点検DM4の報告書

 

 

 

 



DM4遊具精密点検報告書

 

今回、支柱の肉厚を超音波で測定することにより、 肉厚の元計値が3.44mm、 減肉部が3.38mmという結果が出ました。結果、減肉部の極端な腐食等はないことが分かりました。超音波厚さ計での精密点検は、遊具外観上からは分からない、遊具内部の腐食を数値で示す事ができます。

 

 

遊具精密点検調査DMS2

 

遊具を構成している鋼管の肉厚を測定し、健全な強度を保持していることを確認します。測定には専用計測器を使用し、器具に傷を付けることなく測定します。遊具主柱の測定に際しては、最も応力の集中する基礎部付近を測定するために、掘削を行います。鉄棒などの支柱も、基礎付近を測定することになります。 今回の調査は、調査結果のデータをグラフ化するため、GE社製の超音波試験器DMS2を使用しました。

 

遊具精密点検調査過程

 

遊具主柱基部の周囲4点を測定した結果、鋼管の肉厚として5.60mm5.64mmのデータを得ました。
設計時に設定した肉厚が5.8mmであり、その数値を下回っていますが、製品許容誤差の-0.6mm(JIS A5525)を考慮すると下記の式となり、健全度を満たしています。


5.8(設計値)-0.6(許容差)=5.2≦5.6

結果・測値5.6の許容値内


超音波試験器DMS2による精密点検では、計測値をグラフにより視覚可し、より詳細な点検結果を得ることができます。外観上からは分からない遊具内部の腐食は、月日が立つことにより進行し、倒壊事故等に繋がる恐れもあります。遊具診断では、数十年以上経っている遊具に関しては、遊具の精密点検をお勧めしています。

 

 

遊具精密点検のご依頼

 

 

点検内容無料お見積り

遊具診断点検サービス一覧