ホーム >遊具マットのご紹介

幼稚園・小学校などに設置された高さがある、登り棒、ジャングルジム、滑り台などは、利用者が誤って落した場合、地面の状態が悪ければ大事故に繋がる可能性があります。その様な危険性を回避する為には、遊具を設置した地面が柔らかい状態だということが必要です。遊び場の安全確保のため、当社は遊具マットの設置をお勧めしています。

 

遊具に関わる事故の殆どが落下事故といわれています。 この様な落下事故に繋がる原因として、設置面に問題があることがあります。

遊具落下時に利用者が怪我をしてしまうのは、遊具の基礎が原因となっている事もあり、この様な状態は遊具の設置面に遊具マットを敷設することで対策が可能です。 地面の土が雨で流れ出て、露出した基礎や、欠けて鋭利な状態になっている基礎等は、使用上問題があって大変危険なものだといえます。しかし遊具マットを設置面に敷設することによって、利用者が落下した際には遊具マットがクッションになり、衝撃を緩和して重大な事故を避けることができます。

当社では、このような事故をなくすために、遊具マットの敷設をお薦めしています。

 


遊具マットのお見積もり・ご依頼

点検内容無料お見積り

遊具診断点検サービス一覧